システム構成と運用イメージ

システム全体像


LogicMonitorはクラウド(SaaS)型エージェントレスの運用モニタリングサービスです。軽量Javaアプリケーションの「Collector」(コレクタ)をインストールするだけで(パブリッククラウドは各クラウドサービスのAPI経由)、監視対象デバイスから必要な監視メトリクスを自動収集し、モニタリングを開始します。
また、2,000種類以上標準で用意された監視テンプレート「LogicModules」には、取得するメトリクスデータ種類、収集方法、表示方法、およびアラート通知方法(推奨の閾値など)が「DataSources」として事前定義されており、「Collector」(コレクタ)に監視対象デバイスを登録すると、すぐに監視を始められます。

ダッシュボード / グラフ


ダッシュボード(メイン)
PC画面
スマートフォン/モバイル画面

LogicMonitorの管理コンソールには、監視対象デバイス毎にダッシュボード、グラフ、レポートがデフォルト標準で用意されており、ITシステム全体のステータスを一元的に可視化モニタリングできます。
簡単な操作でユーザー毎に柔軟にカスタマイズしたり、スナップショットをメール本文内にリンクとして埋め込み、社内メンバーと共有も可能で、ユーザーからも使い勝手が良い評価を頂いています。特に、初めて運用監視するデバイスやサービスに直面する場合、IT運用担当者から好評です。

レポート


LogicMonitorにはアラート・レポート、リソース・レポート、(パブリッククラウドなどの)Billingレポート、Webサービス・レポート、ユーザーやロール(役割)レポートや監査ログなど、20種類以上のレポート用テンプレートがデフォルトで用意されています。
各種レポートはPDF、HTML、またはCSVへの出力可能で、オンデマンドで自動生成したり、自動配信スケジューリング(電子メールにて送信)も可能です。

アラートレポート

ネットワーク・トポロジー


LogicMonitorは、ファイアウォール、スイッチ、ルーター、サーバー、ストレージなどハードウェア・デバイス(機器、ノード)間のネットワーク・トポロジー(ノード経路と相関図)を左図のように表示します。デバイスの増減やデバイス間の通信状況、どのデバイスでアラートが発生しているか等を階層的に可視化し、障害やインシデント発生時の問題切り分け作業を支援します。

アラート


LogicMonitorは、監視対象が設定された閾値を超えた場合、または設定した値が返されない場合、重要度に応じて3種類(Warning:警告/Error:エラー/Critical:重要)のアラートを、あらかじめ設定されたエスカレーション・ルールに則って順次通知していきます。
アラート通知方法は電子メールをはじめ自動コール(音声電話)、SMS、Slack等チャット/インシデント管理ツールとの連携、および専用モバイルアプリなど様々な通知方法を用意しています。

アラート詳細表示画面

アラート通知方法

自動コール(電話)

SMS

電子メール

チャットツール連携
(Slackなど)

ITツールやサービスとの連携(ServiceNowやPagerDuty等)

システム運用者の課題を解決できるのは、LogicMonitorだけ!